Marketplace User Tutorial Video & Guides 

New to Arcadier Marketplaces? Watch and read introduction to platform functions and features.
Lesson 1: Creating Your Marketplace

レッスン1: マーケットプレイスを作成する

Arcadierマーケットプレイスへようこそ。私たちと一緒にマーケットプレイスを構築することに関心をお寄せいただき、ありがとうございます。このビデオでは、オンボーディングプロセスと、Arcadierプラットフォームの機能を最大化する方法について説明します。 マーケットプレイスの構築私たちと一緒にマーケットプレイスを開始する方法については、このビデオを通じて共有できます。サインアッププロセスは非常に簡単で、完了するのに10分もかかりません。Arcadierは、最初の開始時クレジットカードを必要とせずに、30日間の無料トライアルを提供しています。無料トライアル期間中に準備ができた場合にのみ、アップグレードしてください。 <30日間の無料トライアル、クレジットカード不要>arcadier.comの「開始」ボタンをクリックすると、オンボーディングプロセスを開始できます。 <Google、Facebook、または一意の資格情報(メールアドレス経由)でログインできます>これにより、マーケットプレイスの「無料トライアルオンボーディングの開始」ページにリダイレクトされます。このページでは、自分のEメールまたはGoogleまたはFacebookのアカウントIDでログインしてアカウントを作成できます。まず、あなた自身、あなたが出身の業界、あなたが構築しようとしている市場の種類、そしてあなたがアルカディエについてどのように聞いたかについてもっと教えてくださいオンボーディングプロセス中に必要となる個人情報は次のとおりです。次に、マーケットプレイスの種類、マーケットプレイスの通貨、手数料率を選択し、マーケットプレイスに名前を付けるように求められます。現時点では、単一のマーケットプレイス通貨のみを選択できます。残念ながら、現時点では複数の通貨の使用は許可されていません。     <管理ポータルを通じて、後でいつでも情報とテーマを変更できます> これで、マーケットプレイスの好みのルックアンドフィールを選択できるようになりました。Arcadierは、二つの選択できるマーケットプレイスのテーマを提供しています。後で別のテーマがよいと判断した場合は、いつでもそのテーマに変更できます。最後に、提供されているチェックボックスをオンにして、Arcadierマーケットプレイスの利用規約およびプライバシーポリシーに同意することを忘れないでください。しばらくすると、あなたのマーケットプレイスがセットアップされ、準備完了になります。 新しいマーケットプレイスを構築するための最初のステップにて、このオンボーディングガイドがお役に立てば幸いです。Arcadierマーケットプレイスでの管理者および出品者の経験を紹介した次のチュートリアルビデオセットをご覧ください。Arcadierに加入して私たちと一緒にマーケットプレイスを開始していただき、誠にありがとうございます。Arcadierのカスタマーアシスタンスは英語のみであることに注意してください

...
25 Feb 2021
Lesson 2: Navigating the Admin Portal (Part 1)

レッスン2: 管理ポータルのナビゲート (パート1)

Arcadierマーケットプレイスへようこそ。独自のマーケットプレイスを作成しました。おめでとうございます。これは、Arcadierプラットフォームで管理者ポータルをナビゲートするパート1です。このビデオでは、ユーザー、アイテム、トランザクション、構成、カスタマイズなどの機能について説明します。売り手ポータルを理解する (パート1)サインアップを完了すると、マーケットプレイス管理者ポータルと呼ばれるこのダッシュボードが表示されます。<マーケットプレイス管理者ポータル、すべてのマーケットプレイス活動を監督および管理します>マーケットプレイスの運営者として、マーケットプレイスの活動を監督および管理します。始める前に、まずあなたのマーケットプレイスのさまざまなポータルについて説明しましょう。Arcadierは、各マーケットプレイスに3つのポータルを提供します。 <Arcadier、管理者、出品者&購買者向けのポータルで利用可能な3つのWebポータル>まず、管理者ポータルです。マーケットプレイスの運営者として、このポータルを使用してマーケットプレイスを設定および運営します。次は、出品者向けのポータルです。(別のWebページに開いている出品者向けのポータルタブをクリックする)あなたのマーケットプレイスの出品者は、自製品とリストを管理できます。最後に、購買者向けのポータルまたはマーケットプレイスブラウジングインターフェイス。(別のWebページに開いている購買者向けのポータルタブをクリックする)これにより、マーケットプレイスの顧客または購買者はここで、製品の検索、比較および購買、またはアイテム、スペース、またはサービスのレンタルが可能になります。Arcadierを使用すると、ここのポータルで[マーケットプレイスを表示]をクリックして、管理者ポータルからいつでもマーケットプレイスに簡単にアクセスできます(クリックして表示)。Arcadierでは、[出品開始]をクリックして、管理者が同じアカウントをもって出品者になることもできます。これにより、管理者も自分のマーケットプレイスで出品者になり得ます(クリックして表示)。では、管理者ポータルの主な機能に戻りましょう。このビデオでは、マーケットプレイス管理者ポータルの機能、並びにマーケットプレイス管理者ポータルのいくつかの高度な機能の概要について説明しています。このチュートリアルの最初のパートでは、マーケットプレイスの構造化と管理を可能にする一連の機能について説明します。(ユーザー、アイテム、取引、構成、カスタマイズ、アクセス許可を強調表示します) 管理者インターフェイスに入る:管理者としてログインすると、まず[お知らせ]ページに移動します。ここでは、プラットフォームのお知らせと更新だけでなく、Arcadier FAQ(ポイントする)の下にあるArcadierヘルプ記事へのリンクも表示されます。または、ここの右下隅にある小さなヘルプアイコン(ポイントする)または左側の[ヘルプセンター](ポイントする)タブをクリックして、よくある質問にアクセスすることもできます。質問がある場合は、質問を入力するだけで、最も関連性の高いFAQガイドが表示されます(デモンストレーション)。ここの左側にあるメニューバーをクリックすると、さまざまな機能にアクセスできます。ここで、各機能について詳しく説明します。 <ユーザー管理、招待、アクセスの有効化、ユーザーの制限>ユーザー:[ユーザー管理]タブでは、マーケットプレイスの購買者と出品者を管理できます。すべての購買者と出品者についての情報を見ることができます。あなたはマーケットプレイス管理者として、マーケットプレイスのすべての購買者と出品者を完全に管理できます。 そのため、ユーザー詳細の表示は除いて、マーケットプレイスで特定のユーザーのアクセスをブロックまたは制限したい場合は、「ユーザーアクセス」の下のトグル機能を使用してください。マーチャントを「オフ」にすると、出品者のすべてのアイテムが公開されなくなり、マーチャントのアカウントへのアクセスが削除されます。出品者の在庫や取引の管理を支援するために出品者のポータルにアクセスする必要がある場合は、右端の[ログイン]ボタンをクリックして、出品者に代わって出品者のアカウントにログインすることもできます。そのページの右上隅を見ると、次の2つのアイコンがあります。「消費者を招待する」と「マーチャントを招待する」 <マーケットプレイスを非公開にし、招待によってのみユーザーアクセスを許可します>これらの機能は主に、管理者が出品者と購買者の市場への参入を制限するプライベートマーケットプレイス設定に対応しています。 これらのボタンにより、消費者か出品者かを問わず、マーケットプレイスで誰と取引するかが決まります。[権限]タブの項目で、プライベートマーケットプレイス機能について詳しく説明することにします。あなたは、特定のメールアドレスに招待状を送信することもできます。また、メールアドレスの所有者があなたのマーケットプレイスに参加することもできます。 <マーケットプレイスアイテムの管理、検索、表示、有効化、制限>アイテム:ユーザー管理と同様に、[アイテム]タブでは、マーケットプレイスのリストを管理できます。 検索機能を使用して特定のアイテムまたはサービスを検索したり、リストを並べ替えたりすることができます。アイテムのリストをエクスポートしたい場合は、ここの[CSVのエクスポート]ボタン(ポイントする)をクリックしてエクスポートできます。 同様に、「購買可能」ボタンを使用して、リストされたアイテム/サービスの利用可能の如何の切り替えを選択できます。このアイテムをオフにすると、リストされているアイテムまたはサービスはすぐにマーケットプレイスから削除されます。いつでもオンにすることが可能であり、このアイテムはマーケットプレイスに再び表示されます。管理者であるあなたは、鉛筆アイコンをクリックして、出品者のアイテムのコンテンツを編集できます。また、マーケットプレイスで表示されたリストが気に入らない場合は、購買可能ボタンを使用してオフにするか、関連する編集を行って再度オンにすることができます。 <取引管理、すべてのマーケットプレイス取引の検索および確認>取引: [取引]では、失敗した取引など、マーケットプレイスのすべての取引履歴を確認できます。それらはすべてここにリストされます。 [取引履歴]で、出品者の取引から獲得した手数料を確認できます。支払いの種類によっては、ここのドロップダウンフィールドを使用して注文と支払いのステータスを修正することもできます。これは配送に関する取引で特に役立つことがあり、それに応じて注文ステータスを調整することもできます。 また、オンボーディングプロセスで設定した手数料率に基づいて、マーケットプレイス運営者として受け取る管理手数料を確認することもできます。 <マーケットプレイス全体の手数料率を変更するには、hello@arcadier.comまでチケットを送信>マーケットプレイス全体のデフォルトの手数料率を変更したい場合は、管理者ポータル内に支援のためのチケットを作成してください。<マーケットプレイスの構成、マーケットプレイスの構造の設定、カスタムフィールド、支払いなど>構成:次に、「構成」機能について説明します。これらの機能は、マーケットプレイス経験を目的に適合させるために不可欠です。ここでは、マーケットプレイスを構成するためのデータ構造を設定します。 まず、[カテゴリ]で、マーケットプレイスのメインカテゴリを設定し、その下でサブカテゴリを設定できます。 <カテゴリおよびサブカテゴリの無制限のレベルを設定する>マーケットプレイスにあるアイテムのタイプに基づいて、無制限のカテゴリとサブカテゴリを設定できます。これを設定するには、「カテゴリを追加する」ボタンをクリックして、このポップアップウィンドウを表示します。ここでは、カテゴリのタイトルを入力するだけで済みます。サブカテゴリの場合は、その下に配置する親カテゴリを選択し、プライムカテゴリの場合は画像を追加します。「保存」をクリックすると、自分のカテゴリが作成されます。 3本の線でアイコンをクリックしたまま、好きな場所まで上下にドラッグして、カテゴリとサブカテゴリを再配置することもできます。これは、カテゴリがマーケットプレイスに表示される方法に影響します。カテゴリを修正または削除するためのボタンが、右側にもあります。 <常にマーケットプレイス構造を設定し、まずマーケットプレイスカテゴリを構成>まずカテゴリを設定して、出品者がマーケットプレイスで利用可能なカテゴリに従って商品を一覧表示できるようにすることが重要です。 次は[カスタムフィールド]タブです。<カスタムフィールド、リスト情報を追加できます>これにより、商品をマーケットプレイスにアップロードするときに出品者に含めるフィールドを追加できます。カスタムフィールド名を入力するだけで済みます。たとえば、「製造元はどこですか?」などです。次に、チェックボックスやテキストフィールドからビデオの埋め込みまで、多くのオプションを提供するフィールドタイプをクリックできます。マーケットプレイスでユーザー経験を構築する上でこれがあなたにとって重要かどうかに応じて、このフィールドをオプションにするか必須にするかを選択することもできます。必須に設定されている場合、アイテムを適切にアップロードする前に、出品者はフィールドに入力する必要があります。 <カスタムフィールドを1つ/一部/すべてのカテゴリとサブカテゴリに割り当てます>最後に、[カテゴリの選択]をクリックして、この特定のカスタムフィールドを適用するカテゴリを選択するだけで、選択した特定のカテゴリにカスタムフィールドを適用できます。つまり、これらのフィールドはこれらのカテゴリにのみ適用されます。たとえば、オーディオカテゴリではなく、カメラボディに「保証期間」を追加する場合は、その区別を付けることができます。 外部リンク機能を使用すると、基本的に、他のサイトへのリダイレクトリンク、または独自のマーケットプレイス内のページを作成できます。フロントエンドの例は次のようになります。(フロントエンドを表示)たとえば、別のブログWebサイトがある場合は、ここに接続して、ユーザーに全体的な経験を提供できます。   次は、[手数料]タブです。<カテゴリベースの手数料率、特定のカテゴリに異なる手数料率を適用>マーケットプレイス全体のデフォルトの手数料率をすでに設定していると、このページでカテゴリベースの手数料率を選択することもできます。「はい」を切り替えると、特定のカテゴリに固有の手数料率を設定できます。個別のコミッションを設定していないカテゴリには、デフォルトのレートが適用されます。デフォルトの手数料率を変更したいときはいつでも、ページの右下にあるサポートタブからチケットを送信することで変更できます。現在、マーケットプレイスのURLまたはドメイン名はyourmarketplacename.arcadier.ioになります。ただし、ドメインを独自のドメインに変更したい場合は、[カスタムドメイン]タブで、購買した新しいドメイン名に置き換えることができます。この[カスタムドメイン]タブで、独自のSSL証明書を追加することもできます。 <2020年10月の更新、管理ポータルからSSL証明書を自動的に購買できるようになりました>独自のSSLを購買することも、Arcadierに購買のサポートを依頼することもできます。 [支払いの設定]で、希望する支払いゲートウェイの種類を選択してリンクできます。時間の経過とともに支払いゲートウェイを追加したり、プラットフォームで必須のゲートウェイを変更したりすることもできます。<常に支払い方法を設定し、少なくとも1つの支払いタイプが必須です>マーケットプレイスで取引するには、すべての出品者がアカウントを持っている必要がある必須の支払い方法を少なくとも1つ選択する必要があります。また、ユーザーをオンボーディングする前に1つの支払いゲートウェイをしっかりと決定することをお勧めします。後でデフォルトの支払いゲートウェイを変更したい場合は、すべてのマーチャントも変更する必要があり、不便になる可能性があります。<カスタム支払い方法、マーケットプレイスを他の支払いゲートウェイと統合します>利用可能なデフォルトの支払いゲートウェイを使用せず、別の支払いゲートウェイを使用したい場合は、開発者に[カスタム支払い]タブで選択した支払いゲートウェイをマーケットプレイスに統合するのを簡単に支援してもらうことができます。支払いゲートウェイを追加するために必要なものを表示するには、ここでこのボタンをクリックするだけです。開発者が新しい支払いゲートウェイを統合することは難しくありません。 フィーチャートグルは、Delivery 2.0にアクセスできる強力な配送方法機能を提供します。これにより、出品者は独自の配信オプションを選択して設定できます。 <Delivery 2.0、マーケットプレイスでの配送オプションのカスタマイズ>Delivery 2.0機能では、まず、お住まいの地域に馴染みのあるものに応じて、使用する重量単位を決定できます。[配送オプションの追加]をクリックして、出品者が選択できるデフォルトの配送オプションを追加することもできます。配送オプション名(たとえば、島全体の配送)、配送できる場所[この場合はシンガポールの1か国のみ]、日数で表した最小リードタイム(例えば、2日)、配送元の場所[シンガポール]、および重量または価格で送料を計算するかどうかを入力します。 次に、出品者が従うことができる特定の配送料金を提供し、配送料金の名前、重量/価格の範囲、およびその特定の配送料金の費用を記入します。[保存]をクリックすると、このオプションが追加されます。[ログイン構成]タブでは、マーケットプレイスのユーザーが利用できるさまざまな種類のログイン方法を制御できます。Arcadierには、FacebookおよびGoogleのサインイン機能が事前に統合されています。 <マーケットプレイスのカスタマイズ、カスタムコードの挿入、マーケットプレイスのテーマの編集、ホームページのレイアウトおよびポリシー>カスタマイズ:[カスタマイズ]タブでは、エンドユーザーにマーケットプレイスがどのように表示されるかについて、フロントエンドのデザインとレイアウトを制御します。 [一般]タブから、マーケットプレイス名、ロゴのリダイレクト先のランディングページ、マーケットプレイスのロゴ、ファビコンを変更できます。マーケットプレイスのURLの名前を変更したい場合は、マーケットプレイスのサポートタブからチケットを送信して支援を受ける必要があります。また、マーケットプレイスのURLを購買したカスタムドメインに簡単に置き換えることができることにも注意してください。 [テーマ]タブでは、マーケットプレイスの4つの異なるテーマから選択できます。これらのテーマは、マーケットプレイスのタイプによっても異なります。ホームページレイアウト機能を使用すると、マーケットプレイスのフロントエンドを好みに合わせてデザインできます。ページの最上部に、[パネルの追加]ボタンが表示されます。このボタンを使用すると、マーケットプレイスに特定の種類のパネルを追加できます。マーケットプレイスのランディングページに必要な数のパネルを追加できます。これらは、使用可能なさまざまなパネルタイプです。(表示する)<パネルをカスタマイズし、必要な数のパネルを追加および再配置> パネルを並べ替えるには、鉛筆ツールをクリックし、上下の矢印を押してパネルを並べ替えます。パネルについては、静的な情報や、他のWebサイト/ビジネスの一部へのハイパーリンクを表示するために自由に使用できます。これは、どのように見えるかの例です(さまざまなタイプのパネルが使用された素敵なランディングページの例を示してください)最後に、Arcadierプラットフォームのモバイル対応の性質を反映して、ここのアイコンを使用してモバイルビューに切り替えることにより、モバイルのフロントエンドを表示することも選択できます。変更を加えたら、必ず[保存]をクリックしてください。次の機能は、[私たちに関しては]タブと[マーケットプレイスポリシー]タブです。これらのタブでは、マーケットプレイスの情報とパラメーターを簡単に変更できます。ここでエディターを使用して、これらのページにコンテンツを追加できます。 最後に、[カスタムコード]タブでは、マーケットプレイスフロントエンドのルックアンドフィールをカスタマイズできます。ここでは、HTML、CSSコード、さらにはJavaScriptコードの挿入が必要です。技術的なトレーニングを受けていない場合は、開発者の助けを借りて支援を受ける必要があります。Arcadierのカスタムコーダーを雇って支援することもできます。 <カスタムコード情報の詳細を見るには、www.support.arcadier.com にアクセスしてください>HTML、CSS、またはJavascriptで実行できるレイアウトの変更が不明な場合は、Arcadier FAQを参照してください。問題が発生した場合は、ここのサポートアイコンをクリックして、ヘルプ記事を検索するか、支援を要求するチケットを送信できます。 これで、Arcadierプラットフォームで管理ポータルをナビゲートするパート1は終わります。[次へ]をクリックして、シリーズのパート2に進みます。Arcadierのカスタマーアシスタンスは英語のみであることに注意してください

...
25 Feb 2021
Lesson 3: Navigating the Admin Portal (Part 2)

レッスン3: 管理ポータルのナビゲート (パート2)

Arcadierマーケットプレイスへようこそ。独自のマーケットプレイスを作成しました。おめでとうございます。これは、Arcadierプラットフォームで管理者ポータルをナビゲートするパート2です。このビデオでは、権限、電子メール通知、分析/ SEO、言語、設定、プラグインなどの機能について説明します。管理ポータルのナビゲート (パート2)<権限設定、マーケットプレイスの民営化、ユーザーサブアカウントアクセスの許可>[権限]の下に最初に表示されるのは[プライベートマーケットプレイス]タブです。このタブでは、マーケットプレイスにアクセスする特定のメンバーを選択できます。 <マーケットプレイスを非公開にし、すべての購買者と出品者へのアクセスを制限します>これは、招待された購買者または出品者だけがアクセスできる、閉じたマーケットプレイスとしてマーケットプレイスを設定できることを意味します。これにより、新しい購買者と出品者を市場に持ち込む前に精査することができます。「オン」に切り替えると、2種類の制限があります。 <すべてのゲストユーザーへのアクセスを制限します>「すべてのゲストユーザーへのアクセスを制限する」では、登録済みの購買者と出品者のみがマーケットプレイスにアクセスできます。ゲストユーザーはマーケットプレイスのコンテンツを表示することを許可されず、マーケットプレイスを表示するためのアカウントを作成するために、管理者による承認を求めるリクエストを送信する必要があります。これはまた、ユーザーがマーケットプレイスを表示するには常にログインする必要があることを意味します。<承認された出品者のサインアップへのアクセスを制限します>「出品者サインアップへのアクセスを制限する」は、潜在的な出品者のみがマーケットプレイスにアクセスすることを制限し、購買者は制限しません。出品者は、マーケットプレイス管理者であるあなたの承認がない限り、マーケットプレイスで出品できます。出品者は精査のリクエストを送信でき、承認されるとログインして商品をアップロードできます。 インタレストフォームページを独自のルックアンドフィールに変更したい場合は、ページタイトル、会社概要、背景画像、およびURLリンクフィールドを修正して、アクセス制限ページをカスタマイズすることもできます。最後になりますが、あなたまたはあなたのマーチャントがあなたのマーケットプレイスを管理するのを手伝ってくれる人は複数存在する可能性があります。したがって、サブ管理者アクセスとサブマーチャントアクセスをあなたのマーケットプレイスに与える機能を有しています。[管理者権限]では、メールでユーザーを招待して管理者アクセス権を付与し、マーケットプレイスの管理に役立つように管理者ポータルで変更を加えることができます。 [管理活動ログ]タブでは、ログイン、アクセスしたページ、作成または修正されたアイテムなど、マーケットプレイスでの活動を表示できます。 最後に、[マーチャントサブアカウント]タブでは、マーチャントのサブアカウントを作成して、注文を管理し、そのマーチャントストアにのみアイテムをアップロードおよび編集するために、チームにサブマーチャントになるためのアクセス権を提供できます。 <サブアカウントの追加、管理者ログインサブアカウントの追加>このトグルを「オン」にすると、出品者ポータルに「サブアカウント」というタブが追加され、出品者が[サブアカウントに招待]ボタン(表示する)をクリックしてサブマーチャントを追加できることを示すプレビューページをここに追加しました。 Eメール通知:<Eメール通知、購買者と出品者のEメール通知のカスタマイズ>Eメール通知機能を使用すると、出品者と購買者に送信されるさまざまなタイプの自動化されたEメールをカスタマイズできます。[Eメール通知]を使用して、[Eメールテンプレート]でユーザーに送信される通知のEメールコンテンツとHTMLをカスタマイズできます。こちらの「有効」ボタンをクリックすると、この機能を有効にできます。ただし、この機能はまだベータ版であり、英語でのみ利用可能であるため、[言語]タブで設定されている他の言語は上書きされることに注意してください。多言語のEメール通知をまもなく許可する予定です。個々のEメール通知を開くと、各テンプレートのHTMLコードを表示できます。この機能を有効にすると、自分でカスタマイズできます。Eメール通知にHTML編集を加えたい場合、たとえば、視覚的な追加や見た目が美しく、しかもプロフェッショナルな外観にする場合は、HTMLの経験を持つデジタルコンテンツクリエーターを雇うことができます。 また、メールログを介してマーケットプレイスからユーザーに送信されたEメール通知を追跡することもできます。ここでは、送信された個々のEメールを表示したり、必要に応じて再送信したりすることもできます。 分析/SEO:<マーケットプレイス分析、組み込み分析の使用/ Google分析の統合、SEOおよびサイトマップ>[分析]タブで、Arcadierが一般的なマーケットプレイス分析ダッシュボードを構築していることがわかります。このダッシュボードを使用すると、市場全体の売上データを表示できます。時間枠の切り替え(表示する)などの基本機能に加えて、最高の製品出品者とトップビューのアイテムを反映するシンプルなダッシュボードが提供されます。マーケットプレイスにアクセスした人の数と出身地を確認したい場合は、マーケットプレイスでGoogle分析を有効にすることも検討できます。サイト分析の追跡を開始するには、追跡IDとGoogleビューIDをリンクし、Googleにサインインしてアカウントをリンクします。問題が発生した場合は、プロセスを順を追って説明するヘルプ記事もあります。Arcadierは、Googleの検索結果でマーケットプレイスを見つけられることが重要であることを理解しています。そのため、検索エンジン最適化またはSEO機能も提供しており、タイトルとメタ説明を入力して、検索エンジンでサイトを見つけやすくすることができます。したがって、誰かがGoogleでそれらのキーワードを検索すると、彼らはあなたのマーケットプレイスを見つけるでしょう。また、検索エンジンのクローラーに、クローラーがサイトから要求できるページまたはファイルを通知するRobots.txtもあります。これは主に、リクエストによるサイトの過負荷を回避するために使用されます。このリンクをコピーして任意のブラウザに貼り付けることで、更新されたサイトマップhtmlを表示することもできます。必要に応じて、これを検索エンジンにアップロードして、マーケットプレイスのコンテンツをクロールできるようにすることができます。言語:<言語設定、93の異なる言語へのページ言語の構成>[言語]タブでは、マーケットプレイスで言語を追加および構成できます。これは、[言語設定]タブから実行できます。まず、マーケットプレイスに言語を追加するのは、ドロップダウンリストから選択するのと同じくらい簡単です。ここで、希望の言語を選択できます。 <93の異なる言語、Arcadierで提供される16の事前翻訳された言語> Arcadierは現在、システム内で93の言語翻訳を提供しています。 Arcadierは、世界中で一般的に使用されているこれらの言語のうち、16言語について事前に翻訳されています。 <言語情報の詳細を見るには、www.support.arcadier.comにアクセスしてください>サポートされている言語に関するヘルプ記事を表示して、それらが何であるかを確認できます。また、[Google翻訳]タブに移動し、Google Developersアカウントを管理者ポータルに接続してGoogle翻訳から翻訳を取得するだけで、指定された16以外の言語の翻訳を取得することもできます。そのためには、Google Developersアカウントに登録しておく必要があります。 また、翻訳またはブランディングの目的であるかどうかにかかわらず、特定のテキストを手動で修正することもできます。[テキストの編集]タブでは、管理者としてサイトを手動で翻訳できます。この機能を使用すると、サイト上のすべての単語とボタンを編集できます。また、Google翻訳のプルされた翻訳を改善するためにも使用できます。テキストの編集機能を使用すると、任意のボタンまたはデフォルトの単語を編集できるため、デフォルトの単語を次のように変更することもできます。写真家になるための出品者になる(Snapsquadマーケットプレイスを使用して表示をクリックします)。 <さまざまなポータル向けの異なる言語、デフォルトの言語は購買者ポータルと出品者ポータルの両方で異なる場合があります>購買者ポータルまたは出品者ポータルの両方に翻訳を追加できます。また、どちらのポータルにも別のデフォルト言語を選択できます。たとえば、フランス語を話す購買者に販売している中国語を話す出品者がいる場合、ポータルごとにデフォルトの言語を変えることができます。設定:<サブスクリプションプランの設定、表示、支払い、キャンセル/アップグレード> [設定]で、[アカウント情報]からアカウント情報と請求の詳細を確認できます。また、連絡先情報を介してマーケットプレイスの購買者と出品者に連絡先情報を公開する場合は、連絡先の詳細を確認できます。 また、サブスクリプションプランを表示して、30日間の試用期間が終了したときにサブスクライブしたり、このページでいつでも上位のプランにアップグレードしたりできます。こちらのボタンをクリックして、支払い請求書を表示することもできます(表示する)。同様に、このタブ(表示する)でサブスクリプションの請求書を表示できます。プラグイン:<Arcadierプラグイン、プラグインの追加/独自のプライベートプラグインの構築> Arcadierは現在、必要に応じてマーケットプレイスに追加できるプラグインのマーケットプレイスを誇っています。これらは基本的に、必要に応じてマーケットプレイスに追加できる追加のオプション機能です。これらの各プラグインについて詳しく見るには、こちらをご覧ください。これらのプラグインはすべてArcadierまたは第三者の開発者によって構築されており、すべてのマーケットプレイス運営者が利用できます。マーケットプレイスのニーズにもう少し具体的なものが必要な場合は、Arcadierファミリーの開発者またはエキスパートパートナーと協力して、プライベートプラグインの作成を支援できます。 <説明ボックス内のリンク>エキスパートパートナーの詳細については、以下の説明ボックスにリンクが追加されます。<ページを更新して、新しくインストールされたプラグインを表示します>プラグインをインストールするには、「インストール」ボタンをクリックして「更新」をクリックするだけで済みます。これで、管理インターフェースの一部として新しいマーケットプレイスプラグインが表示されます。 出品開始:<管理者として出品することで、マーケットプレイスで出品者になることもできます>最後に、「出品開始」タブがあり、自分のマーケットプレイスで出品者として行動することができます。管理出品者としてすべてのマーチャントが利用できる機能を自分で楽しむことができます。出品者ポータルの詳細については、出品者のチュートリアルビデオをクリックして確認してください。この2部構成のチュートリアルが、管理ポータルの機能を最大化する方法をよりよく理解するのに役立つことを願っています。これらのビデオの機能の詳細が必要な場合は、ここでArcadier FAQをクリックすること、またはこれらの機能の詳細を確認することを忘れないでください。 Arcadierを代表して、マーケットプレイスの構築に努めているあなたに感謝の念を申し上げます。Arcadierのカスタマーアシスタンスは英語のみであることに注意してください

...
25 Feb 2021
Lesson 4: Understanding the Seller Portal (Part 1)

レッスン4: 売り手ポータルを理解する (パート1)

Arcadierマーケットプレイスへようこそ。Arcadierプラットフォームでビジネスを始めていただければ幸いです。このビデオでは、Arcadierプラットフォームの機能を最大化する方法、特にマーケットプレイス管理者がセラーポータルでセラーを教育するのを支援する方法について説明します。 Arcadierに基づいて構築された既存のビジネスであろうと、システムにまったく新しいビジネスであろうと、この一連のウォークスルービデオでは、管理者と販売者の両方の更新されたArcadierインターフェイスについて説明します。マーケットプレイスでの販売を開始しようとしている販売者の場合、この2部構成のチュートリアルでは、販売者ポータルを効果的に操作する方法について説明します。最初の部分は小売商品テンプレートをカバーするので、サービス予約の販売者である場合は、説明ボックスのリンクをクリックして、サービス予約をカバーする次のセグメントにリダイレクトしてください。売り手ポータルを理解する (パート1)最初の部分は小売商品テンプレートをカバーするので、サービス予約の出品者である場合は、サービスをカバーする2番目のセグメントにリダイレクトするリンク(ハイパーリンクポップアップ)をクリックしてください。 アカウントの作成: 出品者アカウントの作成から始めましょう。既存のマーケットプレイスで出品者になるシナリオは2つあります。 <パブリックマーケットプレイス:出品者アカウントの作成、シナリオ1>まず、パブリックマーケットプレイスで「出品者になる」(ポイントする)をクリックして、あなたの関心について送信することができます。関連する詳細を入力すると、マーケットプレイス管理者の順番待ちリストに送信され、そこでユーザーを承認/拒否できます。承認されると、アカウントの作成を続行できます。場合によっては、一部のマーケットプレイスではアクセスが制限されています。つまり、それらはプライベートマーケットプレイスです。 <プライベートマーケットプレイス:出品者アカウントリクエスト、シナリオ2>オンボーディングするプロセスはマーケットプレイス管理者に依存し、一部の人は審査プロセスまたはインタレストフォームを選択する可能性があります。前提条件がある場合はそれを通過すると、「アカウントの作成」ボタンを使用してアカウントを作成できる招待メールが届きます。次に、リンクをクリックすると、サインアップページにリダイレクトされます。(表示する)その後、独自のユーザー名とパスワードで登録するか、Google/Facebookのログイン情報で登録できます。ログイン資格情報と「サインアップ」を完了すると、アカウントが作成されます。 オンボーディングプロセス:プロフィール写真にカーソルを合わせると、[設定]ボタンでアカウントを編集できます。 <出品者アカウントの設定、会社概要、配送先住所、支払いの受け入れ>アカウントに提供したい詳細には、会社名/説明、連絡先情報、場所/住所、および支払いの受け入れが含まれます。購買者はマーケットプレイスであなたのプロフィールの詳細を見ることができるので、正しい情報を入力することが重要です。 マーケットプレイスに応じて、管理者がマーケットプレイスでアクティブ化するためにすぐに利用できるいくつかの支払いオプションがあります。 <出品者のオンボーディングを完了するには、少なくとも1つの支払い方法が必須です>一部の方法は必須であり、アカウントを完全に設定するには、これらの方法をリンクする必要があります。必須の支払い方法の例はStripeです。「アカウントのリンク」ボタンをクリックすると、Stripeアカウントにリダイレクトされます。既存のStripeアカウントをお持ちの場合は、サインインしてください。そうでない場合は、ご自身のStripeアカウントの登録とリンクに関する指示にしっかりと従ってください。 このページの下部には、マーケットプレイスの取引手数料(ある場合)も表示されます。デモンストレーションを目的とする場合は、今のところ支払い方法として「代金引換」を使用します。これで、オンボーディングプロセスは終わります。出品者のプロセス: <出品者ダッシュボード、マーケットプレイスの出品実績の表示と追跡>ダッシュボード:アカウントにはダッシュボードページがあり、「ダッシュボード」タブからアクセスできます。ここでは、製品の売上を毎日、毎週、または毎月追跡できます。さらに、売上高または人気別にトップ製品を表示できます。<在庫管理、マーケットプレイスアイテムのアップロード、編集、削除>あなたのアイテム:アップロードした商品は、出品者メニューの[アイテム]タブで確認できます。製品を無効にするかオフに切り替えるオプションも利用できます。これにより、アップロードした製品がマーケットプレイスから非表示になり、購買できなくなります。その後、無効にした状態で製品を編集できます。アイテムの追加:商品を追加するには、[アイテムの追加]タブに移動します。いくつかの必須フィールドに入力する必要があります。このようなフィールドには、製品名/説明、カテゴリとサブカテゴリ、画像、製品関連の詳細、および価格が含まれます。マーケットプレイスの管理者によっては、認定資格などの特定のカスタムフィールドに入力したり、製品にビデオをアップロードしたりする必要がある場合もあります。消費者があなたの製品をよりよく理解できるように、これらの関連フィールドに必ず入力してください。 <アイテムバリアント、無制限のオプションで最大3つのバリアントタイプを指定します>バリアントは便利な機能です。バリアントを使用すると、購買者は表示されている商品に対してさまざまなオプションを利用できます。製品には最大3種類のバリエーションを指定でき、香り、色、サイズ、ボリュームなどの無制限のオプションを含めることができます。画像オプション、SKU、バリアントの追加料金は選択可能です。ただし、在庫は必須です。在庫が無制限の場合は、製品オプション行の右側にある灰色のボックスをクリックします。商品を編集するには、商品行の右側にある鉛筆アイコンをクリックします。そこで、製品を随意編集できます。終了後は必ず[保存]をクリックし、マーケットプレイスを更新して変更を確認してください。 同様に、製品を削除したい場合は、それに応じて「X」ボタンをクリックできます。これにより、アカウントとシステムからリストが完全に削除されます。誤って削除された場合は、リストを再アップロードする必要があります。注文:<注文管理、現在のすべての請求書を表示および更新します>出品者として、商品の現在の状況に応じて注文ステータスを更新することが重要です。 [注文]で、現在のすべての請求書番号と注文番号を表示できます。注文ごとに、商品の合計金額、支払いタイプ、支払いステータスを表示できます。これらのリストのステータスは、「注文ステータス」ヘッダーを介して追跡および更新できます。注文ステータスのこの変更は出品者が手動で行うため、それに応じて更新する責任は出品者にあることに注意してください。ドロップダウンボックスの下に、支払いが成功した場合の[作成済み]オプション、[確認済み]、およびサービスが実行された後の[完了]オプションが表示されます。返金:出品者は、購買者に返金を行ったときに、返金ボックスにチェックマークを付けることができます。これにより、支払いステータスが返金済みに変更されます。これはシステムのステータスを更新するだけであり、支払いゲートウェイのステータスは変更しないことを知っておいてください。それでも、支払いゲートウェイプラットフォームで購買者と現金の払い戻しを手動で決済するか、金額を購買者に戻す必要があります。配送:<配送設定、購買者が利用できる配送オプションの構成>配送に関しては、商品をアップロードする前に、「配送」タグの下の配送オプションを更新することをお勧めします。ドロップダウンメニューの[配送]オプションの下にある[配送設定]で、複数の配送/集荷オプションを設定することもできます。[配送オプションを追加]をクリックして、商品の宅配便を追加します。注文の総重量または価格のいずれかによって、複数の配送料金を作成することができます。さらに、マーケットプレイスの管理者が国際配送を許可していて、それを実行できる場合は、[配送先]セクションに関連する国を追加してください。ただし、チェックアウト時に購買者間の誤解を避けるために、国際および国内の宅配便サービスを異なる配送オプションの下に置くことをお勧めします。完了後[保存]をクリックすると、宅配便の詳細が保存され、配送の概要ページに反映されます。 宅配便を追加する以外に、代わりにページの下部にピックアップオプションを追加することもできます。完全な住所を入力し、[ピックアップオプションの追加]をクリックすると、ピックアップオプションが保存されます。 ブラウズ:ブラウズ機能を使用すると、購買者のレンズを通してマーケットプレイスを表示できます。これにより、ページ上の商品リストを最適化し、購買者が商品リストで問題に直面した場合のトラブルシューティングを行うことができます。 受信トレイ:<出品者の受信トレイ、購買者の質問を表示および返信します>チャット機能の受信トレイを使用すると、製品に関して購買者との会話を追跡できます。購買者が関心を示し、説明が必要な場合は、このタブ内でそのようなクエリを見つけることができます。 その他:[その他]タブは、マーケットプレイス管理者がマーケットプレイスに設定した関連ページにリダイレクトするのに役立ちます。サブアカウント:<サブアカウントの追加、出品者ログインサブアカウントの追加>管理者によっては、プロファイルのドロップダウンメニューの[サブアカウント]タブにある[サブアカウントを招待]をクリックして、従業員に出品者アカウントへのアクセスを許可できる場合もあります。新しいサブアカウントを追加するには、右上の[サブアカウントを招待]ボタンを押すだけで済みます。招待状を送信したいEメールアドレスを入力します。異なるEメールをコンマで区切るだけで、複数の受信者に同時に招待状を送信することもできます。招待者は独自のログイン資格情報を取得しますが、マーケットプレイスの通常の登録ページを使用してサインアップすることはありません。代わりに、それらに送信されたEDMは、サブアカウント登録ページにそれらを表示します。 結語:私たちは、このチュートリアルが出品者ポータルの機能を理解するのにお役に立てれば幸いです。これらのビデオの機能の詳細が必要な場合は、こちらのArcadier FAQをクリックして、この機能の詳細を確認することを忘れないでください。 Arcadierを代表して、マーケットプレイスの構築に努めているあなたに感謝の念を申し上げます。Arcadierのカスタマーアシスタンスは英語のみであることに注意してください

...
25 Feb 2021
Lesson 5: Understanding the Seller Portal (Part 2)

レッスン5: 売り手ポータルを理解する (パート2)

Arcadierマーケットプレイスへようこそ。Arcadierプラットフォームでビジネスを始めていただければ幸いです。このビデオでは、Arcadierプラットフォームの機能を最大化する方法、特に販売者ポータルで利用できる機能について販売者を教育する方法について説明します。すでにArcadierでビジネスを運営している場合でも、システムを初めて使用する場合でも、この一連のウォークスルービデオでは、管理者と販売者の両方向けに更新されたArcadierインターフェースについて説明します。この2部構成のチュートリアルでは、売り手の1つとして売り手ポータルを効果的に操作する方法について説明します。この第2部では、サービスの予約/スペースのレンタルについて説明します。小売商品の販売者の場合は、説明ボックスのリンクをクリックして、小売を対象とする前のセグメントにリダイレクトしてください。売り手ポータルを理解する (パート2)Arcadierマーケットプレイスをご利用いただき、ありがとうございます。Arcadierプラットフォームでビジネスを始めていただければ幸いです。私は[Mark]と申します。Arcadierプラットフォームの機能を最大限に活用する方法、特に出品者ポータルで利用できる機能について出品者を教育する方法について説明します。あなたが、Arcadierの既存メンバーであれ、このシステムを初めて使用するメンバーであれ、このビデオをご参照できます。このチュートリアルビデオシリーズでは、管理者および出品者の両方向けに更新されたArcadierインターフェースについて説明しています。ブレイクダウン:このパート2構成のチュートリアルでは、出品者として出品者ポータルを効果的に操作する方法について説明します。このパート2では、サービスの予約/スペースのレンタルについて説明します。小売商品の出品者の場合は、小売を対象とする前のセグメントにリダイレクトするリンク(ハイパーリンクポップアップ)をクリックしてください。アカウントの作成: 出品者アカウントの作成から始めましょう。既存のマーケットプレイスで出品者になるには2つの方法があります。 <パブリックマーケットプレイス:出品者アカウントの作成、シナリオ1>まず、パブリックマーケットプレイスで「出品者になる」(ポイントする)をクリックして、あなたの関心について送信することができます。関連する詳細を入力すると、マーケットプレイス管理者の順番待ちリストに送信され、そこでユーザーを承認/拒否できます。承認されると、アカウントの作成を続行できます。<プライベートマーケットプレイス:出品者アカウントの作成、シナリオ2>場合によっては、一部のマーケットプレイスではアクセスが制限されています。つまり、それらはプライベートマーケットプレイスです。オンボーディングするプロセスはマーケットプレイス管理者に依存します。マーケットプレイス管理者は、関心のあるユーザーを集めるために簡単なインタレストフォームを展開できます。フォームを送信し、管理者が招待すると、[アカウントの作成]ボタンを使用してアカウントを作成できる招待メールが届きます。次に、リンクをクリックすると、サインアップページにリダイレクトされます。(表示する)その後、独自のユーザー名とパスワードで登録するか、Google/Facebookのログイン情報で登録できます。ログイン資格情報と「サインアップ」を完了すると、アカウントが作成されます。オンボーディングプロセス:プロフィール写真にカーソルを合わせると、[設定]ボタンでアカウントを編集できます。 <出品者アカウントの設定、会社概要、配送先住所、支払いの受け入れ>アカウントに提供したい詳細には、会社名/説明、連絡先情報、場所/住所、および支払いの受け入れが含まれます。購買者はマーケットプレイスであなたのプロフィールの詳細を見ることができるので、正しい情報を入力することが重要です。マーケットプレイスに応じて、管理者がマーケットプレイスに渡すためにすぐに利用できるいくつかの利用可能な支払いオプションがあります。一部の方法が必須になる場合があります。アカウントを完全に設定するには、その支払いゲートウェイのアカウントに登録し、支払いアカウントIDをリンクする必要があります。必須の支払い方法の例はStripeです。「アカウントのリンク」ボタンをクリックすると、Stripeにリダイレクトされ、Stripeアカウントにログインします。既存のStripeアカウントをお持ちの場合は、サインインしてください。そうでない場合は、ご自身のStripeアカウントの登録とリンクに関する指示にしっかりと従ってください。 このページの下部には、マーケットプレイスの取引手数料(ある場合)も表示されます。デモンストレーションを目的とする場合は、今のところ支払い方法として「代金引換」を使用します。これで、オンボーディングプロセスは終わります。出品者のプロセス: ダッシュボード<出品者ダッシュボード、マーケットプレイスの出品実績の表示と追跡>アカウントにはダッシュボードページがあり、「ダッシュボード」タブからアクセスできます。ここでは、サービスの売上を毎日、毎週、または毎月追跡できます。さらに、売上高または人気別にトップサービスリストを表示できます。あなたのサービス:<在庫管理、マーケットプレイスアイテムのアップロード、編集、削除>アップロードしたサービスまたはスペースは、出品者メニューの[サービス]タブで確認できます。サービスを無効にするかオフに切り替えるオプションも利用できます。これにより、アップロードしたサービスがマーケットプレイスから非表示になり、購買できなくなります。その後、無効にした状態でサービスを編集できます。サービスの追加:サービスを追加するには、[サービスの追加]タブに移動します。いくつかの必須フィールドに入力する必要があります。このようなフィールドには、サービス名/説明、カテゴリとサブカテゴリ、予約の可用性、画像、予約の可用性、サービス関連の詳細、および価格が含まれます。マーケットプレイスの管理者によっては、認定資格やビデオなどの特定のカスタムフィールドにサービスの種類を入力する必要がある場合もあります。消費者があなたのサービスをよりよく理解できるように、これらの関連フィールドに必ず入力してください。 サービスを編集するには、サービス行の右側にある鉛筆アイコンをクリックします。そこで、リストを随意編集できます。終了後は必ず[保存]をクリックし、マーケットプレイスを更新して変更を確認してください。 同様に、サービスを削除したい場合は、それに応じて「X」ボタンをクリックできます。これにより、アカウントとシステムからリストが完全に削除されます。誤って削除された場合は、リストを再アップロードする必要があります。予約:<注文管理、現在のすべての予約を表示および更新します>出品者として、商品の現在の状況に応じて予約ステータスを更新することが重要です。 [予約]で、現在のすべての請求書番号と予約番号を表示できます。注文ごとに、予約の合計金額、支払いタイプ、および支払いステータスを表示できます。これらのリストのステータスは、「注文ステータス」ヘッダーを介して追跡および更新できます。注文ステータスのこの変更は出品者が手動で行うため、それに応じて更新する責任は出品者にあることに注意してください。ドロップダウンボックスの下に、支払いが成功した場合の[作成済み]オプション、[確認済み]、およびサービスが実行された後の[完了]オプションが表示されます。返金:出品者は、購買者に返金を行ったときに、返金ボックスにチェックマークを付けることができます。これにより、支払いステータスが返金済みに変更されます。これはシステムのステータスを更新するだけであり、支払いゲートウェイのステータスを変更するものではありません。チェックアウトの実行に使用された方法に関係なく、購買者との間で現金の払い戻しを手動で決済する必要があります。受信トレイ:<出品者の受信トレイ、購買者の質問を表示および返信します>チャット機能の受信トレイを使用すると、サービスの予約に関して購買者との会話を追跡できます。購買者が関心を示し、説明が必要な場合は、このタブ内でそのようなクエリを見つけることができます。 サブアカウント:<サブアカウントアクセス、複数のユーザーへの出品者ポータルアクセスを有効にします>管理者によっては、プロファイルのドロップダウンメニューの[サブアカウント]タブにある[サブアカウントを招待]をクリックして、従業員に出品者アカウントへのアクセスを許可できる場合もあります。新しいサブアカウントを追加するには、右上の[サブアカウントを招待]ボタンを押すだけで済みます。招待状を送信したいEメールアドレスを入力します。異なるEメールをコンマで区切るだけで、複数の受信者に同時に招待状を送信することもできます。招待者は独自のログイン資格情報を取得しますが、マーケットプレイスの通常の登録ページを使用してサインアップすることはありません。代わりに、そこに送信されたEDMは、それらをサブアカウント登録ページに表示します。 結語:このチュートリアルが出品者ポータルの機能を理解するのにお役に立てれば幸いです。これらのビデオで説明される各機能についてもっと知りたいなら、ここのArcadier FAQをクリックして、それらの詳細について把握しましょう。 マーケットプレイスの構築に努めているあなたに、Arcadierを代表して感謝の念を申し上げます。Arcadierのカスタマーアシスタンスは英語のみであることに注意してください

...
25 Feb 2021

Create your marketplace
easily with Arcadier!

What are you waiting for?

Start your 30-day free trial today